クロックス/CROCS ジビッツ/jibbitz ミッキー/Mickey

クロックス/CROCS ジビッツ/jibbitz ミッキー/Mickey

レビュー:4件

ディズニーキャラクターと出かけよう

ディズニーキャラクターのジビッツとお出かけしよう。ジビッツホールのあるシューズやアクセサリーに取り付け、自分だけのクロックスにカスタマイズすることができます。ジビッツは土台部分と飾り部分が一体型となっています。一度装着しますとシューズに取り付け跡が残ったりジビッツの取り外しが難しくなる場合がありますので、あらかじめ場所を決めてからの取り付けをおすすめします。【ジビッツの取り付け方】1.シューズの伸縮性を利用しそのままの状態で黒の土台部分を斜めにしてください。2.斜めにしたジビッツを押し込むようにはめ込んでください。【ジビッツの取り外し方】1.シューズの内側に手を入れてください。2.土台部分の端のほうから押し出してください。【LEDジビッツについて】振動を与えると点灯します。しばらくすると自動で消灯します。W約2.5cm×H約4.2cm振動を与えると点灯します。しばらくすると自動で消灯します。■サイズ:フリー※注意:キッズモデルなどの穴が小さいモデルは着脱不可能な場合や穴が広がる場合が御座います。※画像と実物の色合い・仕様が若干異なる場合がございます。

540 円(T-Point 5 pt)

ウォーターハウス

ご購入はこちら

ディズニーキャラクターのジビッツとお出かけしよう。ジビッツホールのあるシューズやアクセサリーに取り付け、自分だけのクロックスにカスタマイズすることができます。ジビッツは土台部分と飾り部分が一体型となっています。一度装着しますと、シューズに取り付け跡が残ったり、ジビッツの取り外しが難しくなる場合がありますので、あらかじめ場所を決めてからの取り付けをおすすめします。【ジビッツの取り付け方】1.シューズの伸縮性を利用し、そのままの状態で黒の土台部分を斜めにしてください。2.斜めにしたジビッツを押し込むようにはめ込んでください。【ジビッツの取り外し方】1.シューズの内側に手を入れてください。2.土台部分の端のほうから押し出してください。【LEDジビッツについて】振動を与えると点灯します。しばらくすると自動で消灯するようになります。*W約2.5cm×H約4.2cm*振動を与えると点灯します。しばらくすると自動で消灯します。*LEDカラー:red■サイズ:フリー※注意:キッズモデルなどの穴が小さいモデルは着脱不可能な場合や穴が広がる場合が御座います。※画像と実物の色合い・仕様が若干異なる場合がございます。■クロックス

クロックバンドフーバースリップオンフーバーレースアップサイプラス3デュエットフリップデュエットレトロクロッグシャイナウィメンズクロックスアリスワークマデイラmadeiraボウエンビーチラインボートシュージョージ2クロックバンドミッキーアイランダースポーツドレイデンデュエットスポーツジビッツクロックバンドキッズデュエットキッズ

■■■CROCS(クロックス)について■■■クロックス/CROCSは、米国コロラド州デンバーに本社を置くグローバルな靴製造メーカーです。アウトドア、スポーツ、ウォータースポーツとありとあらゆる場面での履き心地を追求した靴の開発・製造を行っています。その素材には、独自開発した「クロスライト」という特殊樹脂を使い、靴底の厚さや前後に可動するストラップなどにもこだわった機能的なデザインを生み出してきました。アメリカのcrocsinc.は2006年2月8日NASDAQ(ナスダック)に上場。クロックスの誕生は、2002年7月。アメリカ コロラド州ボールダーに住む3人の創業者が、フォーム・クリエーション社の開発した一風変わったシューズを市場に売り出そうと決めたことからはじまりました。はじめは、滑りにくく足跡のつきにくい靴底という特徴から、ボートやアウトドアのシューズとして売り出そうと考えました。2002年11月、「フォート・ローダーデール・ボートショー」にて、ファーストモデルの“ビーチ”を発売。そこから、人気が膨れ上がり、注文も殺到。2003年になる頃には社会現象となり、快適でファッショナブルな多目的シューズとして広く一般に受け入れられるようになりました。【takealoadoffyourfeet】=あなたの足を解放する私たち人間は、様々な動作を、楽に無理なく行おうとして、足に重い負担を掛けています。その為に、多くの人が足に痛々しい状況を引き起こしています。これを念頭において、クロックスRxは足の専門家と協力し、これらの様々な難問を解明し、ユニークで健康にいい靴を開発しました。そして、私たちは自信を持って、これらの靴を医療専門家や患者の方へ、独占的にご紹介いたします。「あなたの足を開放する」お手伝いをさせて下さい。【CROCS(クロックス)を履く10の医学的理由】1.人間工学によって、使用時の疲労を軽減する事が認証されています。2.広い底面が、歩行の安定性を向上させます。3.衝撃吸収することで、足、膝下、膝、臀部、下半身の負担を最小限に抑えます。4.毛瘡白癬菌【もうそうはくせんきん=水虫菌】を含む細菌、カビの繁殖を防ぎます。5.リリーフモデルは、痛みを和らげるマッサージ効果や心地よい刺激を与える突起があります。6.ゆったりとしたつま先と柔らかいプロテクターが締め付けや腱膜症を低減します。7.安全性を保つ踵のストラップが、歩行時の疲労や負担を低減します。8.解剖学的にデザインされた踵部分と土踏まずのアーチサポートが、足裏の腱膜症、踵骨棘【しょうこつきょく=踵骨周辺の炎症】、その他の足裏の症状に素晴しいクッション効果を発揮します。9.通気穴が、靴の中の温度を調節し、足を快適に保ちます。10.ASTM(米国材料試験協会)F1677による滑り止め標準規格に適合しています。■完璧にフィットするシューズ■【ほかのシューズにはないクロックスのフィット感】余裕のあるフィット感がなければいけません。足の側面は、シューズの側面に触れるべきではありません。つま先は、シューズの前面に、絶対に、接触するべきではありません。【クロックスに足を入れたら・・・・・】つま先の前と、かかとの後ろに、それぞれ5ミリ〜1センチ位の余裕ができるのがジャストサイズ。ヒールストラップは、ストラップとかかとの間に手の指が楽にはいるぐらいがちょうどよいでしょう。フィット感を、ほかの言葉に置きかえるとしたら、「ゆったり」です。これは、たぶん、今まで履いてきた靴では体験できなかったことだと思います。でも、それが、長く履いてもらえるための条件だったのです。【いつも圧迫感なんて、ありません!】サンダルタイプのモデルは、通常、ゆったりと快適にフィットするようにデザインされています。“ケイマン”と“プロフェッショナル”には個別のサイズ展開がされていて、ハーフサイズにも対応。たとえば、7は実際は7.5で、どちらの足のサイズにも合います。“ビーチ”には6つのサイズがあり、ちょっと大きめにつくられています。各モデルのページ下にある、サイズ表をご参照ください。少しきつく感じるときは、ストラップが足をシューズの前面に押しつけていないかどうかを確認するため、ストラップを前に倒してみてください。そして、足が足底に心地よくフィットするか、また足のまわりに余裕があるかをチェック。もしこれで大丈夫であれば、それが、ジャストサイズなのですが、この場合、ストラップが短かいといえます。この問題を解決するには、指でストラップを持ち、留め具に力が掛かりすぎないようにして、慎重にストラップを引き伸ばしてください。シューズの後ろがちょうどよい長さになるまで、ストラップを伸ばします。樹脂素材なので、1、2回このような調整をすれば、適切な長さが保たれます。